2日間で200人に4,000Daiを贈る方法:Dai好物キャンペーンを支えたテクノロジー

2020年7月14日

Maker Foundationの2週間のDai好物キャンペーンは、たった一日余りで終了しました。Dai好物キャンペーンに参加してくださった方々に感謝申し上げます。今回のキャンペーンの成功は、このような時に協力しあって地元の飲食店へのサポートを示せるということを物語っていたのと同時に、いかにシームレスに価値の移行ができるかということも教えてくれました。

一日余りのうちに200人以上の方が好きな飲食店についてツイートし、96%の方がDaiを請求するためのリンクを受け取り、8割の方が報酬のステーブルコインDaiを受け取りました。Linkdropが開発したプラットフォームのおかげで、このプロセスは非常に順調かつスムーズに行われました。このブログでは、Dai好物キャンペーンの裏側にはどのような仕組みがあったのかについて取り上げます。

Linkdropとは、ユーザーのオンボーディングを簡単にする自動化されたオンライン・プラットフォームです。Linkdropを利用すると、贈りたいトークンの種類、額、および予想参加者の総数の決定などいくつかの簡単なステップを踏むだけで、スマートコントラクトを設定できます。設定後、主催者だけがアクセスできるところにリンクが自動的に生成されます。


Linkdropのダッシュボードです。

生成されたリンクはSNSを通じて参加者に送られます。このプロセスはオンチェーンで行われているので、透明性が高いです。このプロセスはシンプルで、ユーザーはリンクをクリックするだけでDaiを受け取ることができます。参加者がウォレットを所有していない場合、非カストディアル型であるLinkdropは、ユーザーが選択できるように、約10種類の非カストディアル・ウォレットの選択肢を提供しています。

Daiを受け取った参加者は、そのDaiを保持しておくことも、使用することも、また寄付することもできます。ブロックチェーン技術が、これらを全て可能にしています。

Dai好物キャンペーンに参加した200人を特定し、現金手渡しまたは銀行振込でDaiを贈るところを想像してみてください。現金手渡しは物理的に難しく、銀行送金にも追加情報や追加コストが必要です。

価値がシームレスに転送できる日を思い描けますか?その日がやってくるのは遠くないかもしれません。   

MakerおよびDaiについて

MakerDAOは、Makerプロトコルを通して経済的安定性および透明性を世界経済にもたらすことに注力している分散型組織です。Makerプロトコルは、世界初の公平な暗号通貨Daiの発行ができる包括的プラットフォームです。Daiは、完全にブロックチェーン上に存在している、資産に担保された分散型安定した暗号通貨で、ボーダレスで誰でもどこにいても利用可能です。Daiは現在、イーサリアム・ブロックチェーン上にありますが、ブロックチェーンだけにとらわれずに利用できるように構築されています。

2020年7月14日