ガバナンス

  1. MakerプロトコルにおけるDai債務上限の重要な役割

    2020年9月8日

    Makerプロトコル・パラメータへのこのような大きな変更は、広範囲の暗号通貨コミュニティ、および分散型金融(DeFi)エコシステムに興味を持っている人の好奇心を刺激しています。このような人々は、Dai債務上限について疑問を持ち、Makerプロトコル内での資産の債務上限の重要な役割、および調整方法ついて詳しく知りたいと思っているでしょう。この記事は、その好奇心に応えることを目的としています。

  2. 分散型金融、MakerDAOおよびDaiの情報はどこで見つけられる?

    2020年9月4日

    分散型金融(DeFi)に興味を持ち始め、その情報を見つけようとしている人にとって、求めている明確な答えを見つけそこに辿り着くことは、必ずしも簡単ではありません。皆さんの道のりを簡単にするために、以下に資料をまとめました。

  3. Maker改善提案プロセスおよびガバナンス・サイクルの概要

    2020年7月20日

    MIPは、Makerコミュニティおよび全てのステークホルダーに、改善案、仕様案およびプロセスの提案を行うための標準的アプローチ、ならびにMakerプロトコルおよびMakerDAOに対する変化状況を提供することで、MakerDAOの自律可能性をさらに拡大する自律的成長をサポートしています。

  4. Web3.0とは?Web3.0が金融サービス消費者に約束すること

    2020年7月17日

    世界中の経済的自律および自由を切望する人々に対して、次世代のウェブ技術は一体何を持ち合わせているのでしょうか?Web3.0とは何なのでしょうか?そしてWeb3.0をブロックチェーンで稼働した場合には、何が約束されるのでしょうか?

  5. MakerDAO、オラクル用の4つの新しいLightフィードを承認

    2020年7月16日

    MakerDAOのオラクルおよびフィードは、Makerプロトコルと世界市場の架け橋になっています。オラクルとはMakerプロトコル内の特定のスマートコントラクトであり、フィードはオラクルに価格データを提出しているアクターです。提出された価格データはキーパーが読み取ります。キーパーは、Daiと米ドルのソフトペッグを維持するために、清算を引き起こします。各フィードは、一連の様々な取引所に情報を問い合わせを行います。

  6. 分散型金融のガバナンスの行方

    2020年5月11日

    分散型金融の牽引者およびDeFiコミュニティの一員としてMakerDAOを築き上げているMaker Foundationは、世界中の規制当局や重要な金融機関と積極的に関わりを持ち、そのような組織での分散型金融への理解を深めてきました。我々はこれからもこのような取り組みをし続け、ぜひ皆さんにBGINでの議論に参加してもらいたいと思っています。

  7. 単一担保型Dai(Sai)シャットダウンガイド

    2020年4月21日

    Maker FoundationはSai保有者とCDP所有者に向けて以下のFAQ形式のガイドをまとめました。Dai保有者やMaker Vault所有者の方は、新しいMCD緊急時シャットダウン・ドキュメンテーションでMCDシステムでのES情報をご覧になれます。

  8. MKRトークン管理権の移行:最終段階

    2020年4月17日

    Maker Foundationは、Makerガバナンス・コミュニティへのMKRトークンの管理権移行が完了したことを発表しました。MKRトークン・コントラクトは現在、100%MKR有権者の管理下にあります。最も重要なこととして、自律的DAOの管理においてコミュニティが、さらに大きく差し迫った役割を受け持っているので、MKRトークンの管理権の移行は、システムの完全な分散化に向けた最新かつこれまでで最も重要なステップでした。

  9. 完全な分散化後Makerガバナンスはどうなるのか

    2020年4月15日

    Maker Foundationは現在、完全なる分散化後のMakerプロトコルの管理が行えるように、投票コミュニティを用意するための取り組みを継続して行っています。投票コミュニティがMakerプロジェクト全体の管理を行うことは、Foundation解散後のMakerプロトコルの長期的な安全性と持続可能性を確実にする唯一の方法です。プロジェクトから全ての中央集権的障害点を継続的に取り除くことが不可欠になってきます。