ガバナンス

Maker Foundation、商標とソフトウェアIPを独立したDai Foundationへ移行

Dai Foundationは、商標や著作権といったMakerコミュニティの重要な無形資産を保護するために設立され、その権限を決定づける客観的かつ厳格な規則に則ってのみ運営されます。Dai Foundationの目的は、Dai Foundation信託証書に記載されているとおり、Makerプロトコルで技術的に分散化できないものを保護することです。

続きを読む   

MKRトークン管理権の移行:システムの分散化へ大きな一歩

健全で機能的なMakerプロトコルのためにMKRがいかに重要かを考慮し、MKRトークン・コントラクトの保護はこれまでずっとMaker Foundationの責任の一つでした。しかし、複数担保型Daiのローンチ後すぐにMKRトークンの管理権をMakerガバナンスに移すことが初めから計画されていました。MCDがリリースされプロトコルが予定通りに機能しているため、MKR管理権移行のスケジュールが決定しました。

続きを読む   




MCDバグバウンティとセキュリティロードマップの更新情報

Maker Foundationは、常に最高のセキュリティ基準を遵守してきました。セキュリティ基準は複数担保型Dai(Multi-Collateral Dai)のリリースによって変わることはありません。このブログ記事は、私たちのチームがMCDの立ち上げの準備段階で取り組んでいるセキュリティロードマップの概要を提供します。

続きを読む