プロダクト

  1. Maker Foundation理事新規メンバー、サンディ・カンドの紹介

    2020年9月16日

    サンディは、ブロックチェーンおよび理事の幅広い経験を持つ連続起業家です。Foundationの首脳陣が日々の運営に焦点を当てる一方、理事会がFoundationの戦略的および財務的方向性を監督するという権限を全うするにあたって、彼は非常に貴重な存在です。

  2. 誰がなぜMakerプロトコルとDaiを利用するのか?

    2020年9月7日

    他の人気のステーブルコインとは異なり、Daiはユーザーによって発行されます。つまり、Maker VaultのユーザーのみがDaiを発行できます。(第三者がDaiを発行または運営することはできません。)また、Daiは分散型であるため、ユーザーはDaiに対して、常に完全な独立した管理権を有しています。さらにDaiはオープンソースであるため、開発者はDaiを自身のプロジェクトに組み込むことが可能です。このようにDaiは、法定通貨が提供できない利点を提供しています。

  3. 分散型金融、MakerDAOおよびDaiの情報はどこで見つけられる?

    2020年9月4日

    分散型金融(DeFi)に興味を持ち始め、その情報を見つけようとしている人にとって、求めている明確な答えを見つけそこに辿り着くことは、必ずしも簡単ではありません。皆さんの道のりを簡単にするために、以下に資料をまとめました。

  4. Dai対応デビットカードはどのようにMakerプロトコルの普及を推進しているのか

    2020年8月20日

    Daiをデビットカードに組み入れることで、暗号通貨と従来の金融世界の間の不可欠な架け橋が築かれ、誰でも日常的な支出でDaiを使うことができます。VisaまたはMastercardのネットワークを利用することで、デビットカードをタップする、またはスワイプするのと同じくらい簡単に暗号通貨を使用できます。

  5. 5つの注目すべき分散型金融のトレンド 

    2020年7月31日

    分散型金融(DeFi)とは、ブロックチェーン分野において高い評価を受けている刺激的なムーブメントであり、そこでは過去2年間に目覚ましいイノベーションが起こり、その勢いは増してきています。これから数ヶ月間、さらにはそれ以降も目が離せない5つのトレンドを紹介します。

  6. Daiはどのようにしてラテンアメリカで人気の暗号通貨になったのか

    2020年7月22日

    ラテンアメリカの人々は、早い段階から暗号通貨の重要性に気付いていました。経済的苦境、ハイパーインフレおよび資本規制に直面し、2015年に経済状況が悪化した際には、中南米全域の多くの人がビットコインに頼り始めました。供給量が限られていて耐検閲性があるビットコインは非常に魅力的でした。しかしボラティリティが高いため、信頼できる日常的な価値の保存手段にはなれませんでした。

  7. 暗号通貨への不安を取り除こう

    2020年7月21日

    暗号通貨の理解は難しいかもしれません。業界の専門用語は分かりづらく、新規ユーザーはブロックチェーンおよび分散型台帳技術の細かい情報に圧倒され、何層にもなったプロトコルおよびスマートコントラクトを説明しているホワイトペーパ […]