プロダクト

  1. 日本の飲食店を応援してDaiを受け取ろう

    2020年7月7日

    コロナウイルスのパンデミックにより、世界中の飲食店が大きな影響を受けています。Maker Foundationは、日本での飲食店営業再開に伴い、全国皆さんに協力してもらい、飲食業界へのサポートを示したいと思っています。

  2. 国際送金と暗号通貨取引のコスト比較

    2020年6月29日

    送金手数料が高く時間と共に累積していくので、世界中の人々はより低コストな代替案を探しています。そして彼らは、最も低コストな国際的価値転送方法である暗号通貨の中にその代替案を見出しました。

  3. DaiがDeFi世界で最も利用されている理由

    2020年6月26日

    分散型金融(DeFi)とは、暗号通貨とブロックチェーン技術が金融サービス分野にもたらしてくれる恩恵から生まれた急成長しているムーブメントです。国境がなく透明性が高くて、米ドルにソフトペッグされているDaiは、他のステーブルコインでは提供できない利点と機能をユーザーに提供すると同時に、Daiがなければ変動の激しくなってしまう暗号通貨世界に安定性ならびに流動性をもたらしています。

  4. 分散型台帳技術と信頼革命

    2020年6月11日

    金融サービス企業がどのような方法で長期的な信用問題に取り組もうと、完全な透明性の提供をサポートするテクノロジーはもう既に存在しています。このテクノロジーは分散型台帳技術(Distributed Ledger Technology; DLT)と呼ばれています。MakerDAOのような組織はこの方法で、ブロックチェーン技術を利用して分散型金融(DeFi)を取り入れ消費者の信頼を築いています。

  5. TUSDとUSDC-BをMakerガバナンスがMakerプロトコルの担保タイプとして承認

    2020年6月5日

    本日終了したエグゼクティブ投票の結果、MKR有権者はTUSD(TrueUSD)およびUSDC-B(リスクパラメータの異なるUSDCトークン)をMakerプロトコルの新たな担保資産として承認しました。これらのトークンは両方とも米ドルに裏付けられたERC20のステーブルコインであり、これらを使用してMaker Vaultをオープンし、Daiを発行できるようになりました。

  6. 暗号通貨の価格チャートの読み方とそれが重要な理由

    2020年6月3日

    簡単な用語や基本理論から背景を考慮し戦略を策定することに至るまで、暗号通貨の価格チャートの理解に重要なのは、従来の投資の基本を理解することです。新しく暗号通貨愛好家となった皆さんが、暗号通貨の価格チャートを理解できるように以下にいくつかの重要用語を紹介します。

  7. 暗号通貨ウォレットガイド

    2020年6月1日

    様々な種類の暗号通貨ウォレットが利用可能なので、それぞれ別々に見ていく必要があります。暗号通貨のコインとトークンはデジタル資産であり、物理的な形では存在せず、物理的な財布またはその他の場所に保管することはできません。暗号通貨ウォレットはソフトウェアであり、自身の暗号通貨の所有権譲渡に必要な秘密鍵(以下を参照)にアクセスするために使用されます。ウォレットは資産を管理し、分散型アプリケーション(dapps)とやりとりするツールとして機能します。

  8. 様々な種類の暗号通貨トークンについて

    2020年5月27日

    異なったタイプの暗号通貨を説明するために分類体系が具現化され、多くの人が全体像を把握するのに役立ちました。暗号通貨を完璧に理解するために、まず最も一般的なトークンの種類から見てみましょう。

  9. Let’s Play: Daiゲーム・イニシアチブの紹介

    2020年5月15日

    Daiステーブルコインは分散型です。つまり、ユーザーによって生成された通貨であり、いかなる第三者(中央政府や銀行など)によっても発行または管理されていません。簡単に言えば、Daiを保有している時、そのお金を管理しているのはあなただけです。ゲーム内経済でのDaiの可能性は無限大です。