持続可能性

  1. Maker Foundationが解散に向けて尽力

    June 16, 2021

    Maker Foundationは、Makerプロトコルの長期的な安全性および持続可能性確保に努めてきました。現在Foundationは、遅くとも21年12月31日の解散を目標に尽力しています。