Daiのバージョンアップガイド

2019年11月11日

【Makerブログのご利用にあたってのご注意事項】
当ブログに掲載されている事項は、MakerおよびDaiに関する一般的な情報の提供のみを目的として作成したものであり、特定の商品又はサービスの勧誘や推奨等を目的としたものではありません。

名称に関する重要な注意

このガイドでは、単一担保型DaiシステムをSCD、複数担保型DaiシステムをMCDと呼びます。 単一担保型Daiトークン(現在使われているDai)をSaiと呼び、新しい複数担保型DaiトークンをDaiと呼びます。

Sai保有者として
自分で秘密鍵を管理している場合

自分で秘密鍵を管理するウォレットにSaiを保持している場合は、migrate.makerdao.com(Daiの導入時に利用可能)に移動し、指示に従ってSaiをDaiにバージョンアップし、任意でDai貯蓄率(Dai Savings Rate, 又は DSR)のスマートコントラクトを有効にします。そうすると、DSRを得る事ができます。

次の図は、移行の流れを示しています。 

自分で秘密鍵を管理していない場合

Saiが取引所またはホットウォレットに預けられているか、dAppスマートコントラクトにロックされている場合、これらのプラットフォームが提供している指示に従うか、Saiを引き出して、migrate.makerdao.comで自分でバージョンアップを完了することができます。

Daiを使用すると、DSRスマートコントラクトにDaiを預けられます。これにより、DSRが発生します。詳細については、ローンチ時にmakerdao.comをご覧ください。 

CDP所有者として

SaiのCDPの所有者は、ローンチ時にmigrate.makerdao.comの移行アプリを使用して、SaiのCDPをDaiのVaultに移動できます。

次の図は、CDP移行の流れを示しています。 

また、Saiを返済してイーサを取り戻すことにより、CDPを閉鎖し、取り戻した担保を使用して新しい複数担保型DaiのVaultを開くこともできます。

CDP 移行コントラクト

移行コントラクトを使用して、CDPをSCDコアからMCDコアへ移行することも可能です。これは、migrate(移行)と呼ばれる機能を通じて行われます。この機能は基本的に、移行を円滑に行うために(ユーザーがDaiにバージョンアップした際のSai)移行コントラクトに預けた余分なSaiを使用して、CDPを閉じようとします。これを行うには、CDPの管理権を移行コントラクトに移さなければなりません。そうすることで移行コントラクトは、コントラクトに預けられたSaiを使用して債務を返済、担保のETHを償還、MCDシステムに新しいCDPを作成、担保のETHをロックし、発行されたDaiを使用して債務を返済します。これにより、MCDに以前と同等のCDPの債務が発生します。

しかしCDPを閉じるには、MKRで安定化手数料を支払わなければいけません。そのため、移行コントラクトを承認し、自身のアカウントからMKRを支払って移行を行わなければなりません。

移行コントラクトでは、上記の手順を全て一括で実行するためのプロキシー・コントラクトを使用しています。したがってこのコントラクトはまた、Makerプロキシー・コントラクトを介して作成されたCDPに対してのみ使用が可能です。cdp.makerdao.comでCDPを作成した場合は、これが自動で行われます。そのため、MigrationProxyActions.sol コントラクトを利用して、migrate function call 実行しなければなりません。

CDPコアとインタラクションを行うためのMakerプロキシーを使用していない第三者によるサービスを使用してCDPを作成した場合は、移行コントラクトがうまく機能しない可能性もあります。その場合は代わりに、SCDのCDPを閉じETHをMCDのCDPに移行することによって、手動で移行を実行できます。

CDPの移行を行うにあたり、CDPを閉じるためには移行コントラクトにあるSaiの流動性の余剰分に頼ることになります。10,000Saiの債務CDPがあるとすると、CDPの移行を行うには、移行コントラクトにあるSaiのMCDのCDPに、少なくとも10,000Sai(ユーザーがDaiにバージョンアップした際のSai)が預けられてなければいけません。移行を行うためには、コントラクト内のSaiの流動性でCDPの債務全体をカバーしなければいけないので、移行を部分的に行うことはできません。CDPが大きく移行に不安がある場合は、[email protected] からインテグレーション・チームにお気軽にご連絡ください。

Instadappに関する注意事項

Instadappサービスを使用してCDPを作成した場合は、サービスからCDPの所有権を取り消す必要があります。これを行うには、Exit ページに移動し、CDPの[Debt Positions]タブで[Withdraw]をクリックする必要があります。これにより、CDPが管理され、migrate.makerdao.comで表示され、CDP移行を実行できるようになります。

MyEtherWalletに関する注意事項

MyEtherWalletでCDPを作成した場合、migrate.makerdao.comの移行アプリを使用してCDPを移行できます。 (ただし、MyEtherWalletで使用される秘密鍵がローカルファイルまたはサポートされていない別の形式で保存されている場合、最初にWeb3サポート付きのウォレットに鍵をインポートする必要があります。)


2019年11月11日