最新の投稿

Maker Foundation、商標とソフトウェアIPを独立したDai Foundationへ移行

Dai Foundationは、商標や著作権といったMakerコミュニティの重要な無形資産を保護するために設立され、その権限を決定づける客観的かつ厳格な規則に則ってのみ運営されます。Dai Foundationの目的は、Dai Foundation信託証書に記載されているとおり、Makerプロトコルで技術的に分散化できないものを保護することです。

続きを読む   

ガバナンス・セキュリティ・モジュール

Maker Communityフォーラム、ガバナンスコール、およびチャットで説明されているように、今後数か月にわたってガバナンスに提示されるMakerプロトコルの改良と更新が行われます。これらの更新には、コミュニティに提示およびレビューされる追加の担保タイプ、ならびにガバナンスの改善を継続することを目的とした一連のMaker Foundationおよびコミュニティの提案が含まれています。

続きを読む   



MKRトークン管理権の移行:システムの分散化へ大きな一歩

健全で機能的なMakerプロトコルのためにMKRがいかに重要かを考慮し、MKRトークン・コントラクトの保護はこれまでずっとMaker Foundationの責任の一つでした。しかし、複数担保型Daiのローンチ後すぐにMKRトークンの管理権をMakerガバナンスに移すことが初めから計画されていました。MCDがリリースされプロトコルが予定通りに機能しているため、MKR管理権移行のスケジュールが決定しました。

続きを読む   




ガバナンス投票:移行リスクとコンストラクト提案

2019年11月18日に、Makerプロトコルは複数担保型Dai(MCD)に新しくバージョンアップされる予定です。現在のバージョンである単数担保型Dai(SCD)は、しばらく未定の期間、MCDと並行して存在することになります。この重複期間中、MKRコミュニティは、2つのDai通貨と2つの安定化手数料、つまり2つのエコシステムの管理を任されます。これにより、Makerプロトコルに様々なリスクがもたらされます。そのため我々Maker Foundationの暫定リスクチームは、全体のリスクを軽減するための慎重な移行戦略を提案しています。

続きを読む   

複数担保型Daiのローンチで期待できること

複数担保型Daiのリリースがあと5日に迫っており、これによりMakerDAOプロジェクトにおいての重要なマイルストーンを達成することになります。MCDにより、新しい担保資産タイプはもちろん、待望のDai貯蓄率(DSR)などがMakerプロトコルに期待された新しい機能が導入されます。これらの機能は世界中のMakerコミュニティおよび仮想通貨世界全体で最も話題になっていることですが、ローンチにむけて期待すべきこと、および準備すべきことがまだたくさんあります。

続きを読む