Maker Blog

Makerからのニュース、近況、お知らせ

  1. MakerDAOの俗説を打ち破る:Daiにまつわる7つの誤解

    2020年11月13日

    Daiには多くの利点があり、Maker Foundationおよびコミュニティ・メンバーがこのプロジェクトについて、たくさんの教育的情報を発信しているにもかかわらず、Daiにまつわる誤解は、まだ存在しています。単純な誤解の場合もありますが、誤った思い込みも存在しています。以下では、最もよく見られる7つの俗説を詳しく取り上げます。

  2. Dai対応デビットカードはどのようにMakerプロトコルの普及を推進しているのか

    2020年8月20日

    Daiをデビットカードに組み入れることで、暗号通貨と従来の金融世界の間の不可欠な架け橋が築かれ、誰でも日常的な支出でDaiを使うことができます。VisaまたはMastercardのネットワークを利用することで、デビットカードをタップする、またはスワイプするのと同じくらい簡単に暗号通貨を使用できます。

  3. 暗号通貨への不安を取り除こう

    2020年7月21日

    暗号通貨の理解は難しいかもしれません。業界の専門用語は分かりづらく、新規ユーザーはブロックチェーンおよび分散型台帳技術の細かい情報に圧倒され、何層にもなったプロトコルおよびスマートコントラクトを説明しているホワイトペーパ […]

  4. イーサリアム2.0がガス代高騰問題に対処し、DaiおよびDeFiのスケールを拡大させる方法

    2020年11月26日

    イーサリアム2.0(またはEth2)は、渇望されている一連のネットワーク・アップグレードであり、持続的なガス代高騰問題(およびその他の懸念)の最終的な解決策です。これによりイーサリアム・プラットフォームは、何千単位のトランザクションを1秒間に処理できるようになり、世界中で利用できるレベルにまでスケールアップするでしょう。パフォーマンス性能が新たな領域にまでスケールアップすることで、DaiおよびMakerプロトコルも発展できます。

  5. やさしいDeFi一周年

    2020年11月18日

    やさしいDeFiとは、DeFiが提供している金融機会およびサービスについての教育を目的とした、日本コミュニティ向けのミートアップです。やさしいDeFiは、Kyber Network日本責任者の堀次 泰介氏、およびMaker Foundationのキャサリン・チュウによって創設され、今月で創設から1年を迎えます。日本でどの程度DeFiに対する理解が進んだのか、この機会に見てみましょう。

  6. ゼロから10億Daiへ:5年間にわたるMakerDAOの発展

    2020年11月16日

    Daiステーブルコインのコンセプトが発表されてから5年、そして最初のDaiが正式のローンチされてから3年が経ち、MakerDAOのプロジェクトは今日、一つのマイルストーンに到達しました。Maker Vaultにロックされた担保から発行されたDaiが、10億に達しました。

  7. 俳句Dai会2020

    2020年11月15日

    2020年も終わりに近づいてきました。現状を見つめてよく考え、今あるものに感謝する時です。このような困難な時期には、人間が持つ回復力と創造性が私たちを導いてくれるはずです。俳句を作って、ステーブルコインDaiをゲットしてみませんか?

  8. 世界中でのDaiの5つの利用方法

    2020年10月30日

    MakerDAOは、暗号通貨コミュニティの内外両方で、有意義かつ実質的な普及を目の当たりにしています。執筆時点では、約10億Daiが発行され、多様な方法で利用されています。以下がDaiが利用されている5つの主な分野です。

  9. 新しくデザインされ使いやすくなったMaker投票ポータル

    2020年10月23日

    Maker Foundationのプロダクトチームは、過去一年間にわたりユーザーのポータル利用について、特にユーザーはどのようにインターフェースと関わっているかについて学んできました。コミュニティのフィードバックに基づき、プロダクトチームはMaker投票ポータルを再構築し、提案への意見調査および投票をシンプルかつ簡単に行えるようにしました。

  10. DaiがNFTデジタルアート、および カルチャー市場の通貨になっている仕組み

    2020年9月30日

    最新のパレットは、アートとブロックチェーン技術の交差点にあることに気づくアーティストが増えてきました。誰でもアート作品を、非代替性トークン(NFT)と呼ばれる唯一無二のデジタル資産に変えることができるようになりました。NFTによりアーティストは、暗号学的に作品の所有権を証明し、公開市場でほぼ円滑に、自身のアートのプログラム、販売、送付およびトレードが可能です。

  11. Daiはどのようにしてアメリカをはじめとした非銀行口座保有層のニーズに応えているのか

    2020年9月25日

    銀行は、富を蓄え、ローンおよびオンライン決済サービスにアクセスし、貯蓄で金利を稼ぐのに安全な場所と言ってほぼ間違いないでしょう。しかし、全ての人がこのような恩恵を享受できる訳ではありません。様々な理由から、個人的にまたは仕事で成功するのに必要な金融サービスの恩恵にアクセスできない人が、世界中にはたくさんいます。MakerDAOは、世界初の公平な暗号通貨であるステーブルコインDaiを通じて、この状況を変えていく手助けを行っています。

  12. イーサリアム・スマートコントラクトがDai、MakerプロトコルそしてDeFiの原動力になっている仕組み

    2020年9月24日

    スマートコントラクトとは、ブロックチェーン・プラットフォーム上で稼働しているソフトウェア・コードに書かれたオペレーションです。実行の確認に第三者が必要なく、コード化されたプロセスは、特定の条件が満たされると自動的に実行されます。イーサリアムのスマートコントラクトは、DaiおよびMakerプロトコルを含む、イーサリアム・ブロックチェーン上で稼働している全ての分散型トークン、アプリケーション、およびプロトコルの基盤になっています。