Dai貯蓄率がDeFiエコシステムの枠を超えたゲームチェンジャーである理由

2019年11月20日

【Makerブログのご利用にあたってのご注意事項】
当ブログに掲載されている事項は、MakerおよびDaiに関する一般的な情報の提供のみを目的として作成したものであり、特定の商品又はサービスの勧誘や推奨等を目的としたものではありません。

暗号通貨、とりわけDaiのようなステーブルコインを利用することで、環境に関係なく銀行の手助けまたは干渉を受けることなく、世界中どこにいても経済的自立を実現できます。我々Makerのスマートコントラクト代表Mariano Contiは、アルゼンチンで自身の貯蓄にDaiを使用しており、そのおかげでアルゼンチンペソ切り下げから家族を守ることができました。また地球の反対側、世界一送金料が高い地域の一つバヌアツの離島では、OxfamとスタートアップのSempoが住民にDaiを与える援助プログラムの試験的運用に成功しました

11月18日の複数担保型Dai(MCD)のローンチに伴い、全てのユーザーが単数担保型Dai(Sai)をMCDにバージョンアップできるようになりました。Makerプロトコルに直接実装された新機能Dai貯蓄率(DSR)を活用することで、このバージョンアップが世界中にいるDai保有者にとってのファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)へ向けた原動力になります。DSRにより、DaiをDSRコントラクトにロックすることで、自動的にMakerプロトコル上でDaiを得ることができます。DSRはまた、暗号通貨トレーダー、スタートアップおよび既存業界に手持ちのDaiおよびDaiでの運転資本の収益を増やす新たな機会を提供します。

Dai保有者がDSRの将来性に乗ずるにつれて、分散型金融(DeFi)世界全体の基盤となるインフラ内におけるDSRの重要な役割が確実なものになっていきます。

簡潔に、無料で、かつ強力に

DSRの真の魅力は、その簡潔性にあります。いくつかのシンプルな段階を踏むだけで、ユーザーは単にDaiのネイティブプラットフォームを介して手持ちのDaiの利益を得られるだけでなく、手数料なしでDSRを得ることが可能になります。

個人の場合であれ、起業家、トレーダー、パートナーまたは開発者の場合であれ、DSRはユーザーとDeFiエコシステム全体にとっての新しい強力なツールです。

全てのユーザーへのメリット

DSRはMakerプロトコルのバランス保持に役立ちます。DSRはMaker Vault所有者の安定化手数料から調達され、システム全体のバランスを保つもう一つのメカニズムとして機能し、Daiと米ドルのペッグを維持します。

DSRでは流動性障害が起こりません。DSRを得るために必要な最低入金額はありません。ユーザーはいつでも、Daiの一部または全部を引き出すことが可能です。Daiは単純にDSRモードの「中」にあるか、または「外」にあるかということです。

DSRによりユーザーの管理権が守られます。Dai保有者はロックされたDaiへの完全かつ独立した管理権を常に保持することになります。DSRからDaiを引き出せるのはそのDaiの保有者のみになります。

DSRは無料かつDai保有者なら誰でも利用可能です。Dai保有者は自身のDaiをDSRにロックすることで自動的にネイティブにDSRを得ることができます。Compoundのような他のプラットフォームで現在Daiを増やすことができますが、MCDのリリース後はMakerプロトコルを介して直接Daiを得ることができます。ユーザーが自身のDaiの管理権を保持できることに加えて、DSRの最も優れた点の一つが、特定額の頭金の用意、一日あたりの最低残高の維持、月額料金の支払い、または引き出し限度額の順守が必要ないという点です。保持しているDaiをスマートコントラクトに預けるだけでDSRの恩恵を受けることができます。

年間 5%のDSRに100 Daiを預け入れたとすると、12か月後には105 Daiを引き出せます。(注:ユーザーにはDaiの管理権があり、いつでもDaiを引き出せます。)

DSRはより強力でより安全に利益を得る方法です。ブロックチェーンテクノロジーが全ての人に平等な金融サービスを提供する一例であるDSRは、個々のファイナンシャル・インクルージョン(金融包摂)と個人によるコントロールの推進力になります。

DSR dappのモックアップ

DSRによって安定して価値を貯蔵できます。DSRはMakerプロトコルの重要な構成要素です。DSRで得られたDaiを頼りにしてインフレから自身の貯蓄を保護することができます。

取引所ではDSRが統合され、貯蓄者とトレーダーに利益をもたらしています。取引所が統合を完了すると、DSRに預けられた使用されていないDaiを利用して分刻みでトレードおよび収益を得ることができます。

起業家と企業にとってのメリット

DSRは使用用途の決められていない資産の増加に役立ちます。大小を問わずあらゆるタイプの企業は、自身の資本フローで追加のDaiを得ることができます。支出や運転資本としての使用用途が決まっていないDaiは、会社にそれらの資金を引き出す必要が出てくるまで、DSRにロックしてDSRで収益を上げることができます。

DSRはDeFiが成長する機会の刺激になります。DSRはMakerプロトコル上にあるオープンかつ分散型の機能です。そのため、誰でもDSRフロントエンドを構築できます。起業家や開発者が、ユーザーのDSR活用を可能にするDeFiアプリケーションを構築した場合、彼らもDSRの恩恵を受けることができます。

DSRは他のdappsでも利用可能です。DSRは単にMakerプロトコル上に存在するスマートコントラクトの一つなので、完全に構成可能で開発者は自身のdappsで使用できます。つまり、開発者なら誰でもユーザーインターフェースを構築し、DSRを自身のdappsに統合できます。

DeFiエコシステムにおけるDSRの役割

金融サービス世界との関わりがある業界は全て(例:不動産、貿易金融、送金、非営利団体等)分散型金融の恩恵を受けることができます。それだけでなく、DeFiの恩恵を受けDaiを使用しイノベーションを行う全ての産業においてDSRを活用することが可能です。

「DSRの最も素晴らしい点は、カウンターパーティーの信用リスクがなく、Daiを使用するあらゆるDeFi製品のバックエンドに実装できることです。」と、Maker FoundationのCEO、Rune Christensenは述べています。彼はまた「Makerプロトコル、ひいてはDeFiエコシステムに固有の効率の良さによって、世界中の人々に優れた貯蓄の機会を提供することができます。」と続けました。

デジタル通貨の利点についての学習は始まったばかりで、理解への探究心を持った多くの人は、従来の金融サービスが現在提供しているものよりも優れたものへのニーズによって突き動かされます。世界の一部の人々はシステムから除外されています。このような人々にも公平な機会が与えられるべきです。要するに、誰もが自身の夢への平等な機会を望んでいて、DaiとDSRはその手助けをすることができます。

暗号通貨業界では、DeFiが金融業界をどのように混乱させているかについてがよく話に上ります。しかしこれらの主張は真実を全て伝えているものではありません。DeFiは二つの重要な意味において現在の金融システムを増補しています。まず、DeFiは既存のものを利用し、それをより優れた、よりアクセスしやすいものにしています。第二にDeFiは真新しい技術を経済に取り入れています。言い換えれば、DeFiは既存の金融をサポートし、個人およびビジネスユーザーに新しい経済的機会をもたらしています。現在のシステムを破壊するのではなく、現在のシステムの問題を解決する方法としてDeFiを用いることで、私たちは皆、金融の透明性とセキュリティの改善について話し合うことができます。



2019年11月20日