MKRトークン管理権の移行:システムの分散化へ大きな一歩

2019年12月24日

【Makerブログのご利用にあたってのご注意事項】
当ブログに掲載されている事項は、MakerおよびDaiに関する一般的な情報の提供のみを目的として作成したものであり、特定の商品又はサービスの勧誘や推奨等を目的としたものではありません。

MKRトークンは、Makerプロトコルにて二つの役割を果たしています。第一に、MKRはシステム内でガバナンス・トークンとして機能し、MKR保有者はプロトコルの変更点について投票が可能です。投票コントラクトにロックされている1MKRが一票に相当します。第二に、システム上にある自動化されたオークション・メカニズム介してMKRの供給量が変動します。債務オークション期間内には、プロトコルがMKRを発行し、そのMKRをDaiで支払って売却することで未払い債務を負担します。これによりMKRの総供給量が増加します。反対に余剰オークション期間中は、プロトコルがDaiの余剰分をMKRで支払って売却し、プロトコルがそのMKRをバーンします。 

健全で機能的なMakerプロトコルのためにMKRがいかに重要かを考慮し、MKRトークン・コントラクトの保護はこれまでずっとMaker Foundationの責任の一つでした。しかし、複数担保型Daiのローンチ後すぐにMKRトークンの管理権をMakerガバナンスに移すことが初めから計画されていました。MCDがリリースされプロトコルが予定通りに機能しているため、MKR管理権移行のスケジュールが決定しました。 

段階的に分散化を行っていく過程において、12月20日よりMKRトークンの管理権はコントラクト、つまりはガバナンス・コミュニティに譲渡されます。最初の1ヶ月ほどは受け渡しを確実に行うために、Maker Foundationもコントラクトとトークンの管理権を共有します。それ以降はMKR有権者に完全なる管理権が与えられます。つまり、分散型ガバナンスがMKRトークン承認の変更を行う唯一の手段になります。

技術面の詳細

移行のプロセスを理解するには、Makerトークン・コントラクトの構造を理解する必要があります。 

MKRトークン・コントラクトにはどの関数を何が呼び出すかを決定する2つのアドレス、Owner(オーナー)とAuthority(オーソリティ)があります。Ownerのアドレスは現在Foundationのマルチシグ・ウォレットに設定されており、MKRトークンのどの関数でも呼び出し、完全な許可を与えることができます。反対にAuthorityアドレスは、特定かつ限定的な関数を呼び出す許可を与えることができます。(より精密なコントロールのため)

FoundationはMKRトークンのカスタム・オーソリティ・コントラクト、MkrAuthorityコントラクトを作成しました。このカスタム・コントラクトは、広範囲におよぶデザインレビュー、テスト、および形式的検証を経ており、MKRトークンに特定の許可を与え、以下のコントラクトの主要な機能を有効にします。

  1. 債務オークションの終了時にMKRを作成するための債務オークション・スマートコントラクト
  2. 余剰オークションの終了時にMKRをバーンするための余剰オークション・スマートコントラクト。
  3. SCDの安定化手数料を支払うために使用されるMKRをバーンするためのバーナー・コントラクト。
  4. MKRコントラクトで将来の承認変更を管理するためのガバナンス・コントラクト。

分散型ガバナンスを通じて管理権をコミュニティへ移行する以外にも、MkrAuthorityはMCDのシステム・オペレーションにとって必要不可欠な機能です。MkrAuthorityは債務オークションに権限を与えて、MKRトークンを売却します。同様に余剰オークション、バーナー・コントラクト、および技術的に言えばMKRを含むすべてのアドレスを認可し、それらが所有するトークンをバーンします。 

バーナー・コントラクトが引き起こされるとコントラクト内部のMKRはバーンされます。重要なのは、承認なしではトークンのOwnerやAuthorityであっても他人のMKR残高をバーンできないということです。バーナー・コントラクトが引き起こされると、余剰オークションとバーナー・コントラクトを認可することによって、MKRの総供給量が現在の100万以下まで減少します。 

さらなる詳細については Makerドキュメンテーション・ポータルをご覧ください。

移行ステップ

移行を開始するために2つのステップがすでに行われました。

  1. イーサリアム・メインネット上でのMkrAuthorityコントラクトをデプロイ。
  2. デプロイヤーはガバナンス・レイヤーのDSPauseProxyをMkrAuthorityのルートとして設定し、分散型ガバナンスにMkrAuthorityの完全なる管理権を与えます。これは主要なガバナンス・コントラクトであるDSChiefが最終的にDSPauseProxyを所有し管理するからです。 

12月20日には以下のステップが取られました。

  1. Maker Foundationのマルチシグがトークンの認可アドレスをMkrAuthorityのアドレスに設定した。

最後に、1ヶ月間この新しい形態に問題がないことを確認した後、最終的にマルチシグを使用してMKRトークンの所有者をゼロアドレスに設定します。

分散化に迫る

強力、積極的かつ意欲的なガバナンス・コミュニティはMakerエコシステムの成長とDeFi(分散型金融)の拡大に不可欠です。FoundationからMakerガバナンスへのMKRトークンの管理権の移行は、さらなるシステムの分散化への重要な最先端のステップです。

Makerについてのさらなる詳細についてはこちらのウェブサイトを、複数担保型DaiについてはMCD関連のブログ記事をご覧ください。Makerコミュニティと関わるにはMakerフォーラムの会話にぜひ参加してみてください。


2019年12月24日