TUSDとUSDC-BをMakerガバナンスがMakerプロトコルの担保タイプとして承認

2020年6月5日

【Makerブログのご利用にあたってのご注意事項】
当ブログに掲載されている事項は、MakerおよびDaiに関する一般的な情報の提供のみを目的として作成したものであり、特定の商品又はサービスの勧誘や推奨等を目的としたものではありません。

本日終了したエグゼクティブ投票の結果、MKR有権者はTUSD(TrueUSD)およびUSDC-B(リスクパラメータの異なるUSDCトークン)をMakerプロトコルの新たな担保資産として承認しました。これらのトークンは両方とも米ドルに裏付けられたERC20のステーブルコインであり、これらを使用してMaker Vaultをオープンし、Daiを発行できるようになりました。

MakerフォーラムのUSDC-B提案のディスカッションに記載されているように、この異なる種のUSDCを追加する目的は、キーパーの流動性が圧迫された時(多量の担保がオークションにかけられ清算が多忙な期間など)に、緊急の与信枠として機能させるためです。これは、現在のUSDC-Aの利用方法(主にアービトラージ取引でDai価格を$1.00にまで下げるためのツールとしての利用)とは対照的になっています。理想的には、担保タイプとしてのUSDC-BはDai市場に深刻かつ緊急な流動性問題が生じない限り、使用されずにあるべきです。

投票に先立ってMakerコミュニティは、Makerガバナンスのフォーラムで、TUSDおよびUSDC-Bを追加した場合の長所、およびこれらのトークンの適切なリスクパラメータ(以下に記載)について話し合いました。さらにガバナンス・コミュニティは公開ミーティングにて、中央集権型ステーブルコインを担保タイプとしてプロトコルに追加することによって、もし仮にユーザーおよび分散型金融(DeFi)ムーブメント全体に何らかの影響があった場合、それがどのような影響になりうるかを検討しました。

TUSDリスクパラメータ

  • 安定化手数料:0%
  • 債務上限:2,000,000
  • 清算率:120%
  • オークションのロットサイズ:50,000 TUSD
  • 最小入札単位:3%
  • 入札期間:6時間
  • 最大オークション期間:3日
  • 清算ペナルティ:13%
  • ダスト:20Dai

USDC-Bリスクパラメータ

  • 安定化手数料:50%
  • 債務上限: 10,000,000
  • 清算率:120%
  • オークションのロットサイズ:50,000 USDC
  • 最小入札単位:3%
  • 入札期間:6時間
  • 最大オークション期間:3日
  • 清算ペナルティ:13%
  • ダスト:20Dai

注:担保として使用されている全てのステーブルコインに対する清算は、現在無効化されており、これらステーブルコインのオラクル価格は$1に固定されています。

Makerプロトコルが柔軟であるということは、適切なリスクパラメータがありMakerガバナンスが承認さえすれば、トークン化できる資産ならほぼ全ての資産を担保としてシステムに追加できることを意味しています。

TUSDおよびUSDC-Bを担保タイプのリストに追加したことは、刺激的なステップです。これによりユーザーの皆さんは、Oasis Borrowに自身のウォレットを接続し、いずれかの担保タイプをMaker VaultにロックしてDaiを発行できるようになりました。

2020年6月5日