担保オンボーディングガイド:MCDのトークンをノミネートする方法

2019年7月10日

複数担保型Dai(MCD)の成功の鍵は、システムが多様な担保種類を確実にサポートすることです。私たちはMakerコミュニティーがMakerDAOとDaiを助けるトークンを提案するためにガイドラインと情報を公開しています。

担保オンボーディングガイドには申込書が含まれています。また、MCDに好みの担保種類の提案をしたいコミュニティーメンバーに役立つ情報が掲載されています。さらに、新しい担保種類のリスクパラメータを作成したい外部の独立したリスクチームのためのガイダンスも提供しています。

これからどうする?

MCDを立ち上げる前に、Makerコミュニティーは多くのガバナンス作業、特に新しい担保種類の批准に関するタスクを完了しなければなりません。可能な限り効率的に追加されたプロセスを処理するために、いままで行われたガバナンスサイクルを再編成しました。

これから数週間内に、新たな担保のオンボーディングおよび評価プロセスを提案します。これらは、いくつかのフェーズに分けられます。

  1. 提案の要請:提案書はMakerDAOフォーラムに議論とフィードバックのために公開されます。
  2. 意見を求める:コミュニティーは提案に対して集まったフィードバックをまとめます。
  3. 最終段階:各提案に対する有権者のセンチメントを決定するために複数の投票が行われます。
  4. 最終シグナル:単一のガバナンス調査で、承認されたすべての提案がまとめられます。
  5. 執行投票:執行投票は担保とそのパラメータを有効にします。

各資産の提案、評価、討論、そして批准のサイクルが完成するまでに約1ヶ月かかると予想しています。MCDをスタートするまでこのプロセスを繰り返します。

MKRの保有者が最初の7種類の担保提案を検討した後、リスクチームは申請書を通じて提出された担保提案の評価を開始します。

担保オンボーディングガイドおよび申請書のリーリスは、MCDへの道のりにおける重要なマイルストーンです。それはまたMaker Protocolの完全な分散化に向けたもう一つのステップです。世界の経済に安定性と透明性をもたらすために私たちが協力することを確実にするためには、コミュニティの議論、ディベート、そして指導を継続することが不可欠です。

担保オンボーディングガイドをお読みください。


2019年7月10日