ガバナンス投票:移行リスクとコンストラクト提案

2019年11月15日

【Makerブログのご利用にあたってのご注意事項】
当ブログに掲載されている事項は、MakerおよびDaiに関する一般的な情報の提供のみを目的として作成したものであり、特定の商品又はサービスの勧誘や推奨等を目的としたものではありません。

Maker Foundation暫定リスクチーム

こちらの重要な免責事項をお読みください。

はじめに

2019年11月18日に、Makerプロトコルは複数担保型Dai(MCD)に新しくバージョンアップされる予定です。現在のバージョンである単数担保型Dai(SCD)は、しばらく未定の期間、MCDと並行して存在することになります。この重複期間中、MKRコミュニティは、2つのDai通貨と2つの安定化手数料、つまり2つのエコシステムの管理を任されます。これにより、Makerプロトコルに様々なリスクがもたらされます。そのため我々Maker Foundationの暫定リスクチームは、全体のリスクを軽減するための慎重な移行戦略を提案しています。

移行の概要

注意:現在のSCDバージョンのDaiを「Sai」、新しいMCDバージョンのDaiを「Dai」と呼ぶことにします。

MCD vs. SCD  

SCDは現在約2年間稼働しており、DeFi(分散型金融)エコシステムにおいて、著しい牽引力を発揮してきました。SCDのプロトコルには、バトルテスト済みのコードや比較的簡単に使えるという点など、たくさんの利点があります。しかし我々は以下のような様々な理由から、SCDユーザーは最終的にはMCDに移行すると考えています。

これらの機能により、安定化手数料が低くなり、流動性が改善し、将来的にMakerプロトコルの発展に繋がるでしょう。

ステークホルダー

現在のSCDプロトコルには、Sai保有者、CDP所有者、リクイディティ・プロバイダーおよびMKR有権者の4つの主要なステークホルダーが存在しています。現在Saiは約1億ほど流通しており、それにより以下の責任がこのようなステークホルダーに課せられています。

リスク・コンストラクトの目標は、上記のステークホルダーをSCDからMCDへ安全かつ確実に移行することです。これは、以下によって達成されます。

Sai保有者とCDP所有者は様々な方法で移行を行うことができます。移行の方法によって異なるレベルのリスクが伴い、市場に良くない影響を与えるかもしれません。完全に公開市場上で行われる移行により、制御不能なリスクを含みうる移行方法がエコシステムにもたらされる可能性があります。以下が望ましくない移行方法の例です。

これらのシナリオは以下の理由から望ましくないです。

移行コントラクト 

SaiとDai両価格が不安定になりうる可能性があるため、Makerプロトコル上に特別な移行コントラクトが用意されます。移行コントラクトの機能は、ガバナンスがSaiをMCDの担保タイプとして承認するかどうかによります。 

移行コントラクトは以下のように機能します。

このプロセスは移行コントラクトに完全に含まれているため、Sai保有者もCDP所有者も取引所とやり取りする必要はありません。これにより、SaiとDai両価格の不安定化リスクが軽減されます。このプロセスのオペレーションおよび技術的な詳細についてはこちらをご覧ください。

緊急時シャットダウン

Saiエコシステムを効果的に管理することがもはや不可能である場合、またはコミュニティが望む場合は、SCDで緊急時シャットダウンが引き起こされます。緊急時シャットダウンは、基本的にはプロトコルの巻き戻しであり、これによりSai保有者は、自身のDaiと引き換えに1USDに値するイーサ(シャットダウン時のオラクルの価格に基づく)を手に入れ、CDP所有者は、差し引かれたSaiの残高を除いた担保を取り戻すことができます。

他の緊急時のシナリオにおいても、緊急時シャットダウンを引き起こさなければならないかもしれません。(その一部については、以下でさらに説明します。)

ガバナンス戦略

MCDのローンチは、Makerプロトコルの大幅な改善の集合体です。そこには、DSRなどの新しいガバナンス方法、新たな清算プロセス、および複数担保タイプの導入が含まれています。しかしガバナンスは、いくつものさらなるリスクパラメータを管理しなければならず、それはリスクパラメータが二つ(安定化手数料と債務上限)しかない現在のモデルからの、大幅な増加になります。

さらに、移行は事実上1億あるSaiの利用をやめ、再び1億にもなりうるDaiを利用するを意味しています。短期間に起こる二つの唐突な供給ショックにより、市場の流動性に負担がかかり、SaiとDai両方の安定性が脅かされます。そのため、リスクチームは移行プロセス中の潜在的なリスクを軽減するためにデザインされた慎重なガバナンス戦略を提案します。この戦略の一部には初期リスクパラメータの選択が含まれており、それによって、SaiおよびDaiの価格への悪影響になりうるものがあった時に、それが最小限に抑えられるとリスクチームは考え