暗号通貨とブロックチェーンテクノロジーの恩恵

2020年3月3日

世界中のさらに多くの人にMakerの魅力を伝えた複数担保型Dai導入直後に2020年はやってきました。このような新規ユーザーの皆さんが、暗号通貨、ブロックチェーンテクノロジー、DaiそしてMakerプロトコルが提供する全てのものについて学習できるように、本日より6回にわたって「暗号通貨へようこそ」シリーズを開始します。このシリーズでは、デジタル資産の利点や暗号通貨の購入方法から暗号通貨の価格チャートの読み方となぜそれが重要になるかまで、全てをカバーしています。それでは始めましょう!

デジタル通貨は世界中の組織や市場を大幅に改革していて、分散化を通じた全ての人の経済的自由が期待されています。。暗号通貨の魅力の基盤はブロックチェーンにあります。ブロックチェーンは、様々な業界、とりわけ金融業界に大規模な改革をもたらしています。例えば、世界初の公平なデジタル通貨であるMakerDAOのDaiは、イーサリアム・ブロックチェーン 上に構築されており、ハイパーインフレーションにも耐性があります。米ドルと連動しているため、企業も個人も激しい価格変動や第三者の干渉を受けることなく暗号通貨の恩恵を受けることができます。このようにMakerDAOは、急成長している分散型金融(DeFi)エコシステムを触発する活動で重要な役割を担うようになりました。

暗号通貨とブロックチェーン技術の両方の利点を完全に理解するために、まず初めにこの二つがどのように関連しているのかを見てみましょう。

暗号通貨とブロックチェーンの関係

ブロックチェーンとは、コンピューターネットワーク上に存在する取引(または契約)のデータベース(または台帳)です。暗号通貨の取引は、暗号通貨の種類、送金者、受取人、金額などの合意に基づいた詳細を施行するスマート(デジタル)コントラクトで表されます。新規の取引のリクエストがあると、その取引はブロックの中で処理され台帳に記録され、世界中の誰でも見ることができます。

さらに、ブロックチェーンの基盤になっているソフトウェア・コードは無料でオープンソースになっています。つまり、開発者はそのコードを使ってブロックチェーン上、さらには分散型アプリケーション(dapps)上にも自身でdappsを構築できます。既存のコードに基づいて非常に具体的なビジネスソリューションを提供する新しいdappsを作成できるので、これは企業にとって大きなメリットになります。

ブロックチェーン発明家のナカモト・サトシ氏(仮名)は、この新しいテクノロジーを暗号通貨に応用して2008年にビットコインを発明しました。そのため、暗号通貨を語らずしてブロックチェーンとその恩恵について論じることはほぼ不可能です。

ここ12年間急成長しているブロックチェーン・テクノロジーへの関心とビットコインの人気のおかげで、暗号通貨は一つの産業として爆発的に発展してきました。今日、暗号通貨とトークンはブロックチェーンに基づいたエコシステムに栄養を注ぐ食べ物のようなものです。それらは市場全体の様々な問題に対する取り組みに役立ち、非常に特有なかたちで機能します。暗号通貨が企業や個人に与えるメリットの多くは、ブロックチェーン独特の機能に焦点を当てています。

暗号通貨とトークンはブロックチェーンに基づいたエコシステムを成長させてくれます。
暗号通貨とトークンはブロックチェーンに基づいたエコシステムを成長させてくれます。

暗号通貨のメリット

2007年から2008年にかけての世界金融危機の直後、2009年に初めてビットコインがマイニングされました。これは、機能していない中央集権システムへの公衆の高まる不満を明確に示していました。かつて「大きすぎて潰せない」と考えられていた金融サービス会社の崩壊または救済は、カウンターパーティー・リスクの現実を浮き彫りにしました。例をあげると、リーマン・ブラザーズは、2008年に破産手続きを開始した時点ではアメリカで4番目に大きい投資銀行でした。リーマン・ブラザーズの破産は金融業回全体に衝撃を与え、最終的には7000億ドルにのぼる政府からの支援に至りました

暗号通貨は、仲介者を省き個人個人が独立してpeer-to-peer(ピア・ツー・ピア)で取引できるようにすることで、公平な分散型フレームワークを提供しています。例としてDaiは、その支払い能力を信頼できるカウンターパーティーに全く依存しないことで、カウンターパーティーリスクに排除しています。全てのDaiは担保によって裏付けられており、それらの担保はイーサリアム・ブロックチェーン上の公開されている閲覧可能なスマートコントラクトに預けられているので、市場動向の観察者はリアルタイムでシステムの状態を見ることができます。(リスクに鈍感で正確に指摘することがほぼ不可能であったリーマン・ブラザーズとは異なっています)

したがって、暗号通貨には以下のようなメリットがあります。

これらのメリットがDaiが勢いづいた理由であり、Daiはこれからもイーサリアム・エコシステムを通じて急速に広まっていくでしょう。

暗号通貨とブロックチェーンプロトコルの利点は、分散化に由来しています。
暗号通貨とブロックチェーンプロトコルの利点は、分散化に由来しています。

ブロックチェーン・テクノロジーの恩恵

集権型金融システムには、悪用されるかもしれない内在的な脆弱性が存在します。資金の不適当な配分が起こり、融資と公平さの間にギャップが生まれるかもしれません。最終的に、システムの脆弱性は顧客を苦しめることになります。ブロックチェーン・テクノロジーはより強靭で信頼できるシステムを、以下を通じて提供しています。

暗号通貨とブロックチェーン・テクノロジーの恩恵の中心にある分散化

暗号通貨とブロックチェーン・プロトコルの利点は、分散化に由来しています。ブロックチェーン・テクノロジーを通じて、企業も個人も自身の取引を完全に管理できるので、銀行などの中央当局からの干渉、または過失もしくは誤用を心配する必要はありません。さらに、ブロックチェーン・テクノロジーを使用する企業や個人が増えるほど、より強力になっていきます。例えば、Makerプロトコル上でVaultを利用してDaiを発行すると、Daiの経済基盤がより強固になります。

次回の「暗号通貨へようこそ」は、「なぜ暗号通貨には価値があるのか、どうしてそれが重要なのか?」です。

免責事項

こちらのコンテンツは情報提供のみを目的としており、法律、ビジネス、投資、税務に関するアドバイスとして信頼するべきではありません。これらの問題につきましては、自身のアドバイザーにご相談してください。デジタル資産に関するチャート、グラフおよび参考資料は情報提供および説明のみを目的としています。

記事内で提供されているチャートとグラフは情報提供のみを目的としており、購入決定の際にはこれらを判断基準にすべきではありません。コンテンツは記載された日付時点での情報になります。


2020年3月3日