複数担保型Dai:マイルストーン

2019年7月4日

【Makerブログのご利用にあたってのご注意事項】
当ブログに掲載されている事項は、MakerおよびDaiに関する一般的な情報の提供のみを目的として作成したものであり、特定の商品又はサービスの勧誘や推奨等を目的としたものではありません。

Maker Foundationは、何年ものパートナーシップ、計画、コーディ ング、コミュニティーの構築、科学的運営、およびエコシステムのオンボーディングを経 て、Mainnetで複数担保型Dai(MCD)の立ち上げに必要な最後の準備を開始します。

財団の重要な役割は、Maker議定書の重要な側面に関連する会話を容易にすることで す。Makerは分散型組織であるため、複数担保Daiを有効化する最終決定はMKR保有者によって行われます。

そのために、MCDが実用化される前に達成しなければならな い重要な指標の概要を以下に示します。

コアコントラクト

ここ数ヶ月間、Maker FoundationはコアMCDコントラクトをKovanテストネット上に 定期的に更新してきました。そこではコミュニティーがMCDシステムのコア要素に関わ りそれをテストしてきました。ここで更新を確認することができます:

● Kovan ​リリース ​V0.2.6
● Kovan ​リリース​ V0.2.4
● Kovan ​リリース​ V0.2.3

コミュニティからのフィードバックは建設的であり、Maker Foundationがシステムを 開発しテストするのに役立ちました。。コントラクトが整ったら、システムを提供する ための次の指標を目標にすることができます。

監査システムのセキュリティ

専門家によるスマートコントラクトの監査は、コードが安全であることを確認するのに 役立ちます。

  • 複数の独立した、権威のある第三者にMCDコントラクトを検証および監査し てもらい、それぞれのレポートを発行します。
  • バグ報奨金プログラムの詳細を発表する。

ドキュメントを開示する

機能のドキュメンテーションによりさまざまなシステムの理解を共有します。

  • オークションボットの構築に関するドキュメントを書く。これは主に、オー クションに参加するためにシステムによって信頼されているキーパーによる 使用を目的としています。
  • Single Collat​​eral Dai (SCD)とそのCDPのMCDへの移行に関するドキュメントを作成します。そのドキュメントには、移行のテストに関する情報が含まれています。

ガバナンス、リスク、そしてコミュニティ ー合意を得る

分散型ガバナンスとコミュニティーの関与は、どちらもMaker Protocolの成功の中核で す。この1年で、コミュニティは毎週のガバナンスコール、ガバナンスの​subreddit​、そ してrocket.chatでの毎日の議論に熱心に参加して来ました。

MCDに近づけば近づくほどコミュニティーの高いレベルの関与が、以下のガバナンスの指標を達成する上で重要になります。

  • Maker Foundationは、ガバナンスコミュニティーと協力して、今後の作業とそのプロセスをどのように管理し議論する必要があるかを徹底的に理解します。財団はフィードバックを求め、そのプロセスを洗練し最適化します。
  • 担保登録ガイドと申請書の発行。この一連のドキュメントは、MKR保有者の承認に応じて、レビューおよび分析のための新しい資産タイプをガバナンスプロセスに導入するために必要な情報を、コミュニティーおよび担保パートナーに提供します。
  • MKRトークン保有者が暫定リスクチームに最初に評価させたいショートリストからどのトークンを決定するためにガバナンス調査を実施します。コミュニティーによって生成された議論と分析のレベルに応じて、MCDはショートリストからのすべての資産、または優先順位付けされた一部の資産で開始されます。
  • Maker Foundation暫定リスクチームは、リスクフレームワークの情報を発表します。このドキュメントでは、外部のリスクチームがエコシステム内のリスクを評価する際に利用する情報、ガイドライン、およびモデルについて説明します。
  • リスクフレームワークやそれに続く現在の暫定リスクチームの任務を正式に承認または却下し、継続的な運営に対する所有者の支援を知らせるために、ガバナンス調査が発生します。この調査の詳細は、MCD前に議論される予定です。
  • コミュニティーによって優先される担保の種類の評価は、暫定リスクチームによって共有された定性的および定量的モデルに関する議論から始まります。 Maker投票コミュニティは段階的統合のために、各担保タイプを個別に一括して批准するか、それらを「リスクカテゴリ」に分割するかを選択します。
  • このプロセスは、スタート前に、MKR保有者による執行投票でガバナンスとリスクのプロセスの作業を正式に批准します。これにより、MKR保有者が承認した資産とその初期のMCDの債務限度額のリストが正式に設定されます。

ユーザー体験

MakerDAOとDaiの成功には、理解しやすく使いやすいユーザーの経験が不可欠です。 Maker Foundationの設計チームは、Makerエコシステムの使用を簡素化し、ユーザーを増やすために、いくつかの改良を加えています。完了すると、以下の各指標は、Mainnetの複数担保型Daiに向けた大きな進歩を示します。

  • システムを理解しやすく、明確にするために、システム関連の用語を変更。
  • 新しい複数担保CDPポータルの設計。
  • ガバナンスプラットフォームのパフォーマンスとUXの改善
  • Makerのホームページ、ソーシャルチャンネル、そしてプロダクトポータルのデザインを更新します。
  • CDPから複数担保型Daiへのアップグレード用の移行アプリの設計。

それぞれの目標の達成に近づくにつれて、Maker Foundationは綿密な最新情報を提供し、明確な活動の呼びかけを行います。

さらに、今後数週間のうちに、Maker Foundationはこれらの指標の進捗状況を当社の専用のホームページに載せます。

複数担保型Daiへの道のりは長い、目的地は見えてきました。 MCDを立ち上げ、世界の経済に安定性と透明性をもたらすという共通の目標に向けて新たな大きな一歩を踏み出すには、継続的なコミュニティーの関与と議論がとても重要なことです。宜しくお願いします。

2019年7月4日